税理士法人Soogol 会社設立サポートセンター東京

税理士法人Soogolが選ばれる5つのポイントをまずは確認!

安く設立するだけならご自身でも出来ます。

安く設立するだけなら今はネットで検索すると、全部ご自身でできるパッケージもあるので、そちらをご利用するのも良いかもしれません。
ただ、失敗したくない、融資を受けたい、利益を多く出したい、などをお望みで、設立業務に追われて本来の仕事ができないという本末転倒なことになりたくない方はご相談ください。

0120-905-184

さらに詳しく!“税理士に会社設立を依頼”するメリット

資金繰り、雇用、経理課題(書類や入出金フローなど)、設立後の運用も含めて相談した上で会社設立をするため、
設立した後にすぐに会社の経営が傾くことはありません。
明日はどのようになるか不安な会社経営において、設立時に頼りになるのが資金調達です。
金銭的にゆとりがあることが、事業に集中するポイント。
金銭が苦しくなってからでは、資金調達が難しくなるので、最初が肝心です。
会社運営に適した登記事項や定款の作成をしておかないと、後々情報変更料として追加で支払いが発生するなどの問題が起こります。
役員・資本金・決算月・本店所在地・事業目的など、設立後を見据えて決めましょう。

料金のご案内

相談予約

無料相談~ご契約後

お客様に行っていいただく作業

無料相談
まずはご相談のご予約をお願いします。
弊所(台東区)までお越しください。
無料相談は、概ね1時間となります。
専門家がしっかりとお客様のお話を伺わせていただきます。手続きの進め方や様々な問題解決に向けた道筋をお伝えさせていただきます。
ヒアリング
会社設立についての具体的なヒアリングをさせていただきます。
必要事項のヒアリングののち、会社の基本事項の決定をいたします。
サポート内容のご案内
事前にサポート内容とその料金説明をお客様に分かりやすい表現でお伝えいたします。 ご納得いただいた上で、サポートさせていただきますので、どうぞ安心してご相談にお越しくださいませ。
設立の依頼
サポート内容にご納得いただけましたら、会社設立のご依頼をしていただきます。
まずは司法書士が以下の書類作成等をいたします。
必要書類にご捺印
お客様は、当センターの司法書士から送られてきた必要書類に捺印をし、再度司法書士に送り返します。
設立をお急ぎの場合は、司法書士がお伺いする場合もあります。
設立費用のお振込み
必要書類に捺印いただきましたら、公証役場で定款認証を行いますので、設立費用をお振込いただきます。
定款認証
お振込いただきましたら、当センターの司法書士が、公証役場にて「定款認証」をいたします。 電子定款によると収入印紙4万円が不要となり、ご自分で設立するよりも安くできます。
銀行に資本金の払い込み
まだこの時点で会社名義の口座は作れないので、代表者様の個人名義の口座に「資本金」をお振込いただきます。
法務局に登記申請
当センターの司法書士が、所管の法務局に登記申請をを行います。
この「登記申請日」が会社設立日となります。登記申請後、1週間前後で登記が完了となります。

0120-905-184

5年後に会社を残す会社設立のポイント

会社は設立することより、設立した後の方が大切です。
創業時には関係ないと思われるかもしれませんが、会社を存続させている経営者は必ず以下のビジョンが見えています。
ぜひあなたも、成長する会社経営者の仲間入りをしてください。

創業時のキャッシュビジョンを描く
事業のビジョンを描く人はたくさんいますが、お金のビジョンやフローを的確に描けている人は多くありません。
創業時のキャッシュビジョン(事業計画)で会社の成長が決まります。
金融機関との交渉術を身につける
金融機関の目的を知り、適切に対応できることが融資を得られるポイントです。
経営者であれば、金融機関と円滑に付き合うノウハウが重要です。
資金調達の手段を知る
資金調達は、金融機関だけでなく補助金・助成金やベンチャーキャピタルなど多岐にわたります。
これらお金を調達するには、正しい経理知識がマストです。
数値に基づいた経営戦略
キャッシュフローを正しく理解した、キャッシュリッチな経営者はいざチャンスの時、そのチャンスを必ずものにします。
たとえば、投資をしたいときに思い切った投資をして、大きなリターンを得ています。

こんな事にならないように。失敗事例をご紹介・・・

失敗事例1:帳簿上の売上は上がっていたのに倒産!

売上が見込めていたのに、回収サイクルが思うようにいかなかったり、見積もりが甘く原価がかかり過ぎて利益にならなかったりして、ある日気づいたら、キャッシュが足りない。

融資を受けるにも、資金繰りが悪化している会社には融資がなかなかおりません。

しかも一度融資を断られると、その先6ヶ月間は融資申請ができません。

こうして先行きが明るいはずだった会社が倒産してしまいました。

失敗事例2:友人と会社を立ち上げたがお金の面で仲違いして代表が解任

「会社を一緒に作って儲けよう」もともとの友人同士で意気投合し会社を設立し、両者が出資しあい、一人は代表取締役、他のメンバーは役員になり会社を設立しました。

最初は良かったのですが、会社が大きくなるについて、融資を受ける際の連帯保証の金額(リスクの度合い)や会社への売上(貢献度の違い)など、金銭的な面から、いがみ合いが生まれました。

会社法をよく知らなかった代表は、株の持ち分割合に注意をしていなかったので、ある日、他の役員から会社を追い出されてしまいました。

最初にこのリスクを知った上で設立できていればこのようなことは起こらなかったのに。知識不足が招いた失敗でした。

安く設立するだけならご自身でも出来ます。

安く設立するだけなら今はネットで検索すると、全部ご自身でできるパッケージもあるので、そちらをご利用するのも良いかもしれません。
ただ、失敗したくない、融資を受けたい、利益を多く出したい、などをお望みで、設立業務に追われて本来の仕事ができないという本末転倒なことになりたくない方はご相談ください。

0120-905-184

本当に手数料0円で設立できるのですか?
月額の顧問料20,000円(1年契約)を結べる方が対象となります。
弊社は会社設立が目的ではなく、ともに成長していくことができるパートナーを募集しております。
対応エリアはどこですか?
本店所在地が、東京、神奈川、千葉、埼玉の会社様のみご対応させていただいております。
ぜひ弊社のある台東区にご来社ください。
※高いサービスレベル維持のため、営業スタッフの安易な増加をしておりませんので、ご了承ください。
自分でやろうか迷っています・・・
もし自分でやりたいという思いがあるようでしたら、ぜひご自身で設立にトライされてください。
最初から全てを頼るより、いろいろ調べながら知識をつけていくことは後々役に立つと思います。
設立の途中でお困りの際にはご連絡お待ちしております。

お客様から嬉しいお言葉を頂きました。

株式会社ケイワン

代表取締役 大坪慶一様

今回、インタビューを取らせていただいたのは、株式会社ケイワンの大坪様です。
株式会社ケイワン様は、台東区浅草で「こだわりワイン酒場ヴィンゴ」という飲食店を営まれています。
現在、税理士法人Soogolが関与させていただきましてから約4年がたちましたが、すでに浅草以外にも2店舗出店、現在も新規店舗を検討中です。
飲食店は開業率の高い業種ではありますが、その反面、廃業率も高い業種のひとつです。
その飲食店開業において成功されている株式会社ケイワン様にお話をお伺いしてまいりました。

インタビューを見る

Q1.開業される前は何をされていましたか?

23歳のころからずっと飲食店で働いてきました。
和洋折衷、ホテル、レストラン、幅広い分野を勉強してきましたが、学生の頃からワインに興味があったのでワインを前提にした店と考えていました。

Q2.お客様の現在の事業内容をお聞かせください。

コストパフォーマンスのいいワイン(1800円~3800円の価格メイン)と、高級料理をリーズナブルに提供するワイン酒場です。
名物のフォアグラの西京焼きや、樽生スパークリングワイン、白ワイン、赤ワインなど種類豊富に取り揃えています。

Q3.なぜこの場所(台東区浅草)を選ばれたのですか?

もともと両国、錦糸町、下町の浅草などで考えていました。
この場所はつくばエクスプレス駅のすぐそば、大通りに面している1Fで30席ある店内にもかかわらず、非常に家賃が安いことが決め手となりました。

Q4.御社のアピールポイントは何ですか?

浅草初上陸の大盛り樽生スパークリングワインは常にフレッシュで美味しく召し上がっていただけます。
あとは入り口入ってすぐのワインセラーには100種類ものワインが取り揃えてあります。

Q5.今後はどのような事業展開を考えていらっしゃいますか?

2013年10月には江戸川区で2号店となる小岩店を、2014年にも3号店をオープンし、現在は4店舗目の準備を進めています。
今後もワインバルの少ない下町を狙ってオープンしていきたいと思っています。

Q6.弊所を知った経緯を教えて下さい。

以前の同僚の紹介で税理士法人Soogolを教えていただきました。

Q7.なぜ弊所を選ばれたのですか?他の会計事務所は検討されましたか?

他にもホームページなどで料金など調べましたが、料金やサービスなど親身にしていただいたので税理士法人Soogolのほうに決めました。

Q8.経理の知識はありましたか?

簿記3級程度の知識は勉強していましたが、実務経験はありませんでした。

Q9.弊所からのサービス内容は?(回答者:監査担当 土谷 )

お客様のほうでエクセルで売上などはまとめてもらっています。月に1回ご訪問した時に、あらかじめまとめていただいた資料や、領収書、請求書、通帳などをもとに会計ソフトを入力する作業をしています。

Q10.お客様からみて担当者(土谷)はどんな印象ですか?

良くしてもらっています。確実にやってくれそう、という雰囲気はありますね。
大坪様、ありがとうございました。

株式会社プロモ

代表取締役 中沢直哉様

今回、インタビューを取らせていただいたのは、株式会社プロモの中沢様です。
株式会社プロモ様は、野球やバレーボールなどの観戦に使用する応援グッズ(スティックバルーンやメガホンなど)をネット販売されている会社様ですが、ヤフーやグーグルなどで「応援グッズ」「スティックバルーン」と検索すると、検索結果が1位に出てくるのがこのプロモショップです。
ニッチなキーワードとはいえ、1位に出てくるのは素晴らしいことだと思います。
インタビューの日も忙しくされているところをお時間を頂戴してお話をお伺いさせていただきました。

インタビューを見る

Q1.開業される前は何をされていましたか?

もともとは印刷機を販売する会社にいて、その時の取引先がプロモの前身の会社でした。
プロモに入社し、2012年に代表者の変更とともに、会社名をプロモに変更しました。

Q2.お客様の現在の事業内容をお聞かせください。

BtoB(企業間取引)では、販売促進商品としてポッティング加工(樹脂盛・ドームシール)のノベルティグッズ・iPhonケースの企画、制作、販売を行い、BtoC(企業対一般消費者取引)では、応援グッズとしてスティックバルーンやメガホンなどの企画、制作、販売を行っています。
スティックバルーンやメガホンは2006年当時はインターネットで検索しても個人向けに販売しているところがなく、当時より検索順位で1位をとることができました。
夏場ですと、高校野球で勝ち進みそうな学校に対して営業をかけ、大口契約をいただいたりしています。

Q3.なぜこの場所(港区新橋)を選ばれたのですか?

立地の良さです。近隣にJRや地下鉄が通っていて、営業に行きやすいためですね。

Q4.御社のアピールポイントは何ですか?

品質の良さです。製品に絶対の自信があるので、低価格競争はしません。
その結果、販売数は下がっても、単価は上がっているので利益としては良くなっていることもあります。
製品の品質に納得できない場合は、何度でもやりなおししています。
あとは、ヤフーやグーグルでの検索キーワードで「スティックバルーン」や「応援グッズ」で1位になっていることで、他社との差別化が図れていることです。

Q5.今後はどのような事業展開を考えていらっしゃいますか?

現在は販売促進商品としてポッティング加工のノベルティグッズ、応援グッズ商品としてスティックバルーンやメガホンなどを販売していますが、三本の矢ではないですがもうひとつの分野を確立していきたいですね。
しかし、まだまだ今までの事業でも取り切れていない部分があるので、たとえば応援グッズでいえば、Tシャツやうちわ、タオルなどセットにして提供するなど幅を広げていきたいと考えています。
目標は、応援グッズで高校野球の出場校全校制覇ですね。

Q6.弊所を知った経緯を教えて下さい。

税理士を変更しようと考えていて、HPで検索をしていたら1位で出てきたのが税理士法人Soogolでした。

Q7.なぜ弊所を選ばれたのですか?他の会計事務所は検討されましたか?

以前頼んでいた公認会計士さんは個人でやっていたので、今度はある程度規模のあるところで考えていました。
近隣でも検索していたのですが、あまりいいところがなく、税理士法人SoogolのHPをみて、インパクトがあったので電話しました。
あと、以前の公認会計士さんはあまり訪問してくれなかったので、今度はちゃんとあっていろいろアドバイスをいただけるところで考えていました。

Q8.経理の知識はありましたか?

以前から経理の担当者がおりました。
ただ、税理士法人SoogolにしてからTKCのソフトを導入したので、最初の数か月は入力の仕方などの指導を受けていました。

Q9.弊所からのサービス内容は?(回答者:監査担当高橋 )

経理担当者のかたがTKCソフトを入力してくれているので、毎月訪問した時に入力のミスがないかどうかをチェックしたり、会計ソフトの処理に対しての質問事項などに回答しています。
あとは、直接現場を見せていただいて、社長様と今後の経営のことについてなどいろいろお話をさせていただいています。

Q10.お客様からみて担当者(高橋)はどんな印象ですか?

実際に現場をみてもらったりしていろいろお話をさせていただいていますが、もっと私が勉強をしていかなければと思います。
毎月話をしたいと思っていたので訪問してくれるのはとてもありがたいですね。
中沢様、ありがとうございました。

株式会社アクセサリー大橋

代表取締役 大橋富美代様

今回、インタビューを取らせていただいたのは、株式会社アクセサリー大橋の大橋様です。
写真では美人社長様ですが、小学生のお子様がいらっしゃるママさんでもあります。
まだ韓国語もしゃべれない時から、ご自分で韓国まで直接買い付けに行ってしまう行動力のある大橋社長様。
お話もとてもおもしろく、楽しくインタビューをさせていただきました。

インタビューを見る

Q1.開業される前は何をされていましたか?

もともとは名古屋出身で、本当は不動産の仕事をしたかったのですが、マンションや一戸建てを売買するのは難しくあきらめた経緯があります。
大阪の展示会でアクセサリーを安く卸してる業者を見つけて仕入れ、ブティックに委託で置いてもらう仕事を始めたのがこの仕事のきっかけです。
当時はHPなど今ほどなかったので、電話帳でブティックを調べて直接売り込みにいっていました。

Q2.お客様の現在の事業内容をお聞かせください。

主にはウエディング用のアクセサリーやインナーを輸入・企画製造・卸・販売しています。
ネックレス、ヘッドドレス、ティアラ、グローブ、ベール、イヤリング、ピアスなど、ウエディングのアクセサリーはすべて揃います。
商品はだいたい3,000~4,000点くらい取扱いしています。
金具などのパーツは中国から仕入れ、韓国でオリジナル商品を企画製造し、日本に輸入して販売しています。
お客様から「ティアラはないの?」「インナーは?」と聞かれるたびに商品数が増えていきました。

Q3.なぜこの場所(台東区浅草橋)を選ばれたのですか?

当所は浅草橋で仕入れをしていたためです。
そのうち、浅草橋の大通りを少し入った今の場所を、賃料が安く借りられることになったので路面店を始めました。
現在は横浜元町にも路面店を出店していますが、横浜はもともと結婚式が多い割にアクセサリーを購入できるお店が限られていたため、出店することにしました。

Q4.御社のアピールポイントは何ですか?

韓国で商品を直接きちんとみて、作って下さる職人さんとコミュニケーションをとってやっているところですね。
韓国のデザインを日本人の好みに合うようにアレンジし直している点も強みです。
また、インターネットで販売しているところは多いですが、路面店で実際にアクセサリーの試着が自由にできるところは非常に少ないです。
当店では、予約なしで試着OK、試着写真撮りもOK、(一部を除いて)アクセサリーの交換もOKです。
商品はガラスケースなどに入っていないので、お客様が自由にお手にとっていただいて、自由にご試着していただくことができます。

Q5.今後はどのような事業展開を考えていらっしゃいますか?

現在、ブライダル用のインナーを自由に試着していただける試着室を整えているところです。
ブライダル用のインナーを作っている会社(日本製)から、楽天だけに卸している3万円以上する商品を、1万円代でお取扱いできることになりました。
この商品を自由に試着できるのは当店だけです。
また、ウェルカムボードやブーケのレンタル館も準備予定です。

Q6.弊所を知った経緯を教えて下さい。

ポスティングDMを拝見しました。
「それでもあなたは高い顧問料を払いますか」というキャッチコピーが印象的でよく覚えています。

Q7.なぜ弊所を選ばれたのですか?他の会計事務所は検討されましたか?

もともとは名古屋の税理士さんにお願いしていましたが、東京に来たためにやりとりが大変になってしまいました。
他にもDMは来ていましたが、捨ててしまってました。

Q8.経理の知識はありましたか?

全くありませんでした。

Q9.弊所からのサービス内容は?(回答者:監査担当佐藤 )

お客様のところにお伺いして、資料等をお預かりして事務所に戻ってきてから伝票などの入力をしています。
不明点や資料の不足などがあれば、その都度メールや電話でお伺いしています。

Q10.お客様からみて担当者(佐藤)はどんな印象ですか?

私(大橋様)がもともとおおざっぱな性格で、資料も上下はめちゃくちゃだし・・・、そういったところをよくカバーしてもらっています。
とても優しいですし、きちんとやってくれていて助かっています。
大橋様、ありがとうございました。

私たちが全力でサポートさせて頂きます!

松澤 智

松澤 智

これから起業される社長様のパワーに負けないぐらいの情熱をもって対応いたします。

木村 健

木村 健

設立がスムーズに行えるようにするためのサポートは勿論、設立後の大変な時期の経理指導や、様々な質問にも丁寧に対応させて頂きます。

向井 慎吾

向井 慎吾

一丸となって関わらせて頂くことで非常に強い達成感を感じます。共に夢に向かうメンバーにしてください。

稲垣 有貴子

稲垣 有貴子

お客様より「あなたに任せたい」と言っていただいたときが何より嬉しいです。御社に最適な方法をアドバイスさせていただきます。

毛利 和貴

毛利 和貴

設立した会社が10年後も20年後も発展し続けるため、それぞれのステージに合わせてご提案します。

渡辺 さとみ

渡辺 さとみ

お客様の状況に合わせてご提案をさせて頂きます。お客様のお力になれるよう精一杯取り 組みます。

0120-905-184

事務所概要

事務所名 税理士法人Soogol
代表者 税理士 森瀬 博信
東京税理士会 東京上野支部 第72141号
所在地 〒110-0012
東京都台東区竜泉3丁目39番5号スバル合同ビル
創業 昭和44年(1969年)
TEL / FAX 03-5603-2457 / 03-5603-5874
営業時間 平日 9:00~18:00
所員数 51名(平成27年1月現在)
事業内容 税務会計・相続・会社設立支援・経理代行・事業承継・経営計画・MAS監査・公益法人・医業・公会計・会計参与・融資支援
関与先件数 約1,150件(平成27年1月現在)

お名前 必須
お電話番号 (ご連絡用) 必須
メールアドレス 必須
登記検討地 必須
第1希望面談日 任意
第2希望面談日 任意
お問い合わせ内容 任意